FTP鯖
えー、アホなことして時間を無駄にしました。


vsftpd.confのバックアップ取るの忘れてそのまま設定を変更しちゃって、いざ起動したらFTPが動かない。
大変参考にしてたサイトが、そのときたまたま見ることができなくて、結局OSから入れなおしました。
そしたら入れたOSがインスコ失敗してたようで、GUIうごかねーし。
また再インストールして、ようやくFTP構築に移りました。


見れなかったサイトも復活してました。
よかったぁ・゚・(つД`)・゚・

http://gapo.zive.net/


もちろん、ここのFTP設定方法は全部テキストで保存しましたともb
vsftpd.confの全文が載ってるのがポイント高いんですな。


FTP鯖が動いたので、ホームディレクトリにファイルを移動します。
驚いたのは、Fedora6ってUSBフラッシュメモリ挿しただけで認識するんですね。
なんつうか、なんつうか…あんな苦労した私はいったい。・゚・(ノ∀`)・゚・。


ちなみに、フォルダは /mnt/media/disk になってました。
なるほどなぁ。この辺がRedHatと微妙に違ってくるんですね。


FTP鯖は、多分パーミッションとユーザーグループの設定が終われば大丈夫だと思います。
たぶん・・・たぶん!!!!
そう信じたい。


WEB鯖がまだなんだけどなぁ…。
apacheは何が入ってるのかな?調べなくっちゃ…。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2006-12-04 05:33 | 技術関連
Fedora Core 6 インスコおぼえ書き
数年連れ添ってきたRedHatLinuxに別れを告げて、Fedoraをインスコしました。
まず、ISOファイルをダウンロード&CDに書き込み。

Fedoraダウンロードサイト
http://fedora.jp/modules/download/

次にインスコですが、サーバー君のRaidコントローラがOSに対応しているかが問題とのこと。
これがまだ勉強不足で、問題がおきた時の対処方法などはわからないのですが、とりあえずインストール方法を載せているサイトにあったとおりに「Skip」を選択。
多分、これで問題があるようなら昔作ったRaidドライバをあてればいいのでしょう。
Fedora6は特に問題もおきず、インストール画面に移りました。

設定にあわせて「NEXT」ボタンを押していくのですが、どうも参考にしたサイトがXウィンドウシステムを使わないで構築するサイトだったようで、へたれなLinuxユーザーである私にはそんな男らしい設定は㍉なのでKDEのウィンドウシステムを使います。

また、このときにWEBサーバーやらFTPサーバーもいれちゃいます。
開発ツールにはチェックを入れておきます。あとで必要になるかもしれないし。

実はまだ構築段階なので、これでいいのかどうかはわかりませんがなんとかなると信じてます。

あとはぼんやりお茶でも飲みながらCDを入れ替えて終わり。

インスコが終わったら、ランレベルを設定します。
デフォルトではグラフィックログインなので、これをテキストログインに変更します。

vi /etc/inittab

でinittabを開きます。

id:5:initdefault:→id:3:initdefault:

に変更。
これでリブートしたら終了です。
あとは、WEBサーバーとFTPサーバーの設置。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2006-12-01 15:34
tarバックアップ
えー、前回マウントしたUSBフラッシュメモリにtar圧縮したバックアップファイルを保存する方法。


シェルスクリプトでバックアップを取るんですが、その内容は以下のとおり。


tar -czvf /mnt/usbfm/backup-`date +%Y%m%d`.tar /var/***/ /***/


こんだけで、色のついた部分のフォルダを/mnt/usbfmにバックアップできてしまいました。


参考にしたサイトはこちら。
http://www.studiom-web.net/web-school/linux10.html


忘れないようにメモメモ。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2006-12-01 14:08 | 技術関連
LINUXにUSBフラッシュメモリを挿してみる
めったに更新しませんが、LINUXおぼえがきします。


サーバーの様子がここ数日おかしいです。
現在稼動を停止して、原因究明してます。


その関係でフラッシュメモリに必要なデータのバックアップを取ってデータを退避させようとしていたのですが、サイトを見てそのとおりにやってもできないんですね。
長谷中にケツ叩かれながらGoogleで検索しまくって、ひとつずつ調べていきました。


まず、参考にしたサイトがここ。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/554useusbmem.html


dmesg コマンドで確認すると、フラッシュメモリ自体は認識されています。
しかし、マウント先を指定しても「すでにマウントされているかビジー状態」というメッセージが出てマウントできない。


mount コマンドで確認すると、どうやらサイトに載っているsda1は何かのマウントに使われているような感じです。
しかし、それではうちのUSBメモリをどこにマウントしていいのかわからない。


そして次に確認したのがここ。
http://collie.low-temp.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~ashida/comp/mount.html


/var/log/messagesを確認して、デバイスが書かれている行のあたりをくまなく探します。
デバイスが書かれている場所は見つけたのですが、その中にいくつかマウント先のような(sdaやらsdbやら)がありました。
マウント先を/dev/sdbや/dev/sda2などと試すがうまくいかず。何度か確認しながら試しているときにログの中にこんな行を発見。


sdb:sdb1
USB Mass storage support registered.


ひょっとしてこれか?と思い試してみたら・・・。


マウント成功!!!。・゚・(ノ∀`)・゚・。
力なく「あ、いけた」と思わず口にしてました。部屋にひとりしかいないのに…。


マウントに関して参考にしたのがここ。http://whzat.minidns.net/shoko2/USB_F_Memory/index.html


/etc/fstabに登録したと思ったら、やはりエラー発生。
何が悪いのかわからないが、ひょっとするとユーザー権限の問題かもしれないと思い、ユーザー権限をuserとしてあったのをownerに変更。すると上手くいきました。
マウント、アンマウントを繰り返して正常動作を確認。


とりあえず一安心です。
あとは、失敗ばかりしているフォルダの圧縮&バックアップができればいいのですが。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2006-11-30 03:50 | 技術関連
半年振りに
こちらを更新することにする。
過ぎ行く風に思いを馳せる季節は過ぎ、
まるで嫌がらせか何かのようなクソ寒い冬がやってきた。
もうすでに全国で雪が降っている。
3月頭までこの寒さが続くと思うと気が遠くなりそうだ。

毎日明け方には猫が布団の中に入っている。



TRPGの日まであと3日。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2005-12-07 23:05 | 遥の日常
MT設置奮闘記
Movable Typeというのは、CGIとデータベースサーバーがあるところで動かすことの出来るBlog。
今回は、それをとあるサイトに設置する。

まず、http://www.sixapart.jp/movabletype/index.htmlから無償版をダウンロード。
それを解凍してから、説明のあるサイトhttp://rebecca.ac/milano/install/を参考に作業を進める。

まず、/public_html/huhehuhe/のディレクトリにmt-check.cgiを置いてテストしてみる。
すると、「Internet Server Error 500」というエラーが出た。
なぜエラーになるのかわからないので、プロバイダを調べたりぐぐってみたりいろいろ見てみたところ、二つの原因があることがわかった。
ひとつはファイルを置く場所が悪かったこと。/huhehuheのなかに/cgi-binというフォルダをつくり、その中にCGIを置かなければならなかった。
もうひとつは、サイトの説明どおりにmt-check.cgiだけをアップロードしてもエラーになる。これは原因はわからないがよくある事例のようで、mt.cfgを修正してから同じフォルダに必要なファイルをすべてアップロードしてみたら、mt-check.cgiが見えるようになった。

見えるようになったが、またエラーが出る。
Got an error: Bad ObjectDriver config: Connection error: Access denied for user: 'username@localhost' (passwd:YES)
これはデータベースがない時に出るエラーらしいのだが、プロバイダを見ても、メールを見ても、データベースサーバーやDB名、ユーザー名などは載っていない。
ぐぐってみても解明方法がわからず諦めかけたところ、以前ロリポップに設置したGEARのmt.cfgを確認してみようという考えにたどり着く。よく考えたらさっさと見たらよかったのだが、あまりにエラーが続くので完全に見落としていた。

見てみると、データベース関係の部分にはすべて#が付いていて、コメントアウトされている。
これを同じようにしてみると、mt-check.cgiが動くようになった。
原因はわからないが、よく知らないのであれば無視しろということだ。

これが解決するまでものすごく時間がかかったが、ここから先は割と上手くいった。
そして、サイトを確認する。


見事に文字化けしているんですが…。


また原因を解明するためにひたすらインターネットを徘徊する。
最初に修正したmt.cfgの日本語設定が不適切で、その状態でmt-load.cgiを動かしてしまったため、mt.cfgをいくら修正しても文字化けが元に戻らない。
なので、仕方なくいったん全てを消し、もう一度入れなおすことにした。


次は、手順にさしたるミスもなく、配置完了。


サイト確認……大成功ですよ!!!
ここまでにまる1日かかってます。これからデザインです。
力尽きないように頑張る…。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2005-08-11 12:03 | 技術関連
お天気雨の降る頃に
夕立、というにはやや弱い雨が降った。
雲の切れ目が光を跳ね返す。
雨が運んでくる澄んだ空気と、彼方に見える入道雲。


光の中に降る水は、例えば神様からの贈り物のようで。


幼い頃の憧憬が雨を通して見えてくる。
日に焼かれ、雨に打たれ、何かを探して走り回った。


時が経ち、自分が変わっても、夏の気配は変わらない。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2005-08-10 12:41 | 遥の日常
君はTRPGが面白い?
まったく更新しないのも何なので、少し書いてみる。

正直、最近あまり楽しいTRPGを遊んでないかもしれない。
自分の「面白い」という敷居が高くなってしまっただけなのか。
私はTRPGが好きだが、面白くなければやはり時間がもったいない。
では、何が面白いTRPGなのか。

TRPGで、世界を感じられるか?
TRPGで、自分がどこでどのように振舞っているか感じられるか?
TRPGは、キャラクターをひけらかすゲームではない。
その世界で、その場所で、何ができるかを考えるゲームだ。

困難はあればあるほど面白い。
悲しみや怒りはリアルであるほど、楽しさも空しさもリアルに感じられる。

最近、そういうゲームに出会っていない。
どちらかというと、作業をしている感じがする。

リアルなゲームを遊びたい、遊ばせたいと思う今日この頃。
TRPGは本当に面白いゲームだと思う。
人間同士が顔を見ながら、困難に立ち向かうのだ。
面白くないはずがない。
真面目に取り組めば取り組むほど、より楽しく、より感動できるゲームが楽しめる。

趣味に時間をかけたっていいじゃない。
趣味を真剣に取り組んでもいいじゃない。

楽しさは、そこから見えてくるんだろうから。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2005-08-02 20:16 | TRPG
またも
一月ほどここを放置する。

基本的に、自分のことを書くのはあまり好きではないかもしれない。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2005-07-08 21:24 | 遥の日常
雨と眠りと
今日は寝苦しかった。

エアコンより網戸のほうがいいと思い、網戸で寝てたら雨の音で目が覚める。
さすがに湿気が直接入るのは嫌だったので網戸を閉め、除湿する。

雨の音が聞こえなくなる。
エアコンと、空気清浄機の無機質な音ばかり。

昔は細かいことなど気にせず、雨の音を聞きながら眠るのが好きだった。
今は、雨より湿気の方が気になって眠ることなど出来ない。
大切にしてきた部分が少しずつ切り取られる。
代わりに別の何かが貼り付けられている。
悪いことではないのだろうが、少し寂しい。



明日は立命館のコンベンションに行くが、服が乾かないかも…。
[PR]
# by redmoon_haruka | 2005-06-11 16:05 | 遥の日常